大府市 学童保育所


子どもたちにいきいきとした放課後を!

 学校併設の放課後クラブがある中で、なぜ民間の学童保育が必要とされるのか?それは、学童保育が学校の延長や学習塾とは違い、生活の場であるからです。

 家は、心と身体を休める場所。子どもたちは、学童保育所という第二の家で、おやつを作って食べたりあそんだり、スポーツや文化などの生活体験をします。

 放課後の豊かな生活経験は、異年齢の子どもたちの集団の中でお互いを理解し合い、助け合う心を養います。

 親が働いていても、子どもにはのびのびと豊かな放課後の時間を過ごしてほしい…。 そんな働く親の願いから、学童保育所は運営されています。

~親の願いから生まれた学童保育所~